Original

YouTuberから知る、まなつくの動画制作方法!

最近のトレンド「YouTuber」

YouTubeを使い、動画の再生数に応じて、広告収入が入るという画期的なシステム

YouTube内で目立てば目立つほど、再生数が上がり、収益も上がっていく

 

今日は、YouTuberがどのようにして再生数を上げているのか

また、それを自分に置き換えた場合、どんな事が出来るのか

 

YouTuberから知る、まなつくの動画制作方法をお伝えいたします!

 

YouTube内での宣伝方法

お金をかけずに宣伝するというものが一般的なので

お金をかけないでYouTubeの中だけで宣伝する方法は‥

 

サムネイル画像で差をつける

動画をクリックする際、最も重要になるのがサムネイル画像です。

YouTuberの中では、サムネイル画像の中に大きい文字をつけて目立たせるのが主流になっています。

どんな内容の動画なのか、興味を持つサムネイル画像を作りましょう。

 

タイトルは分かりやすく、かつ、インパクトのあるものを

サムネイル画像と一緒に見られるのが「タイトル」です。

タイトルが良ければ、瞬時に動画をクリックさせる事が出来るぐらい、タイトルも重要事項です。

動画の内容はどういったものなのか

どの層に見て欲しいのか

それらを考えて、タイトルをつけましょう。

 

動画の最初の15秒で全てが決まる

何の情報も無い動画をクリックしたとして、興味がなかった場合、すぐに動画を閉じてしまうでしょう。

テレビだって、興味無い番組やってたら別のチャンネルにしますよね?

その選別が15秒間なのです。

なので、最初の15秒は特に力を入れてみて下さい。

 

まだまだ沢山ありますが、主要なのはこの3つです。

 

 

それでは、まなつくの宣伝にこれらを当てはめて利用してみましょう。

 

サムネイル画像で差をつける

まなつくの週間動画ランキングを見てみましょう

上位4つが全て会員制サービスの商品になっています。

会員制サービスは、毎月会費を支払うシステムで動画をアップロード出来るシステムになっています。

会員制サービスは固定のお客さんがいるので、ランキングに上がりやすいです。

 

でも逆に、だからこそ単品で商品をあげるというのも良いかもしれません。

 

さて、サムネイル画像を見てみましょう。

やはり画像で完結しているものが多いです。

画像にタイトルではなく、どういった内容が入っているか、というサムネイルも面白いかもしれませんね。

 

タイトルは分かりやすく、かつ、インパクトのあるものを

まなつくは、講師の為の動画サイトです。

なのでYouTubeと同じ手段を取っても成功するかどうかはわかりません。

 

YouTubeとまなつくの違い

YouTubeはだいたい10代~20代向け

まなつくはだいたい30代~40代向けと行った客層になっており

 

YouTubeは再生数で収益をあげる

まなつくは動画を買ってもらって収益をあげる

 

と言った感じで、完全に別物なんです。なので、YouTubeと全く同じやり方では

収益は中々伸びづらいかと思います。

 

サンプル動画に力を入れる

YouTubeは、何よりも無料で動画が見れるという強みがありますが

自分のノウハウ等を販売したい場合には、YouTubeでも販売は可能ですが

条件が設けており、条件をクリアしないと販売自体が出来ません。

 

YouTubeでの有料販売で好かれるものは

映画がメインとなっているので、あまりセミナー動画等には向いていないかもしれません。

 

まなつくは、逆にエンタメ系の動画は現在ありませんが

心が楽になりたい人

ノウハウが欲しい人

そういった方たちが主な購入層となっているため、セミナー、ノウハウ動画販売にはかなり適しています。

 

そして、まなつくでは、誰でも気軽に販売出来るというのがモットーになっているため

簡単に動画を販売することが可能です。

 

さて、サンプル動画というものは第2の壁となります。

 

第1の壁が「サムネイル画像・タイトル」

自分の動画に興味を持ってもらい、それをクリックすると

販売ページへ飛びます。そこにあるのがサンプル動画です。

 

第2の壁「サンプル動画」

サンプル動画は、商品を購入するかどうかの大事な鍵。

実際に、ランキングにあるサンプル動画を見たりして

どういった感じでサンプル動画を見せるのかを研究しましょう。

 

YouTube、まなつく外で出来ること

外でも効果的に宣伝をしていきましょう。

必要なのはSNSです。

まず商品を作っただけでは誰も見てくれません。

大衆の目に触れる事によって、初めて商品が認識されるのです。

 

例えば100人のフォロワーにネットで一度宣伝してみましょう。

その宣伝に興味を持つのは、1/10、10人ほどです。

なので、一度宣伝をして満足せず、定期的に宣伝をすることが重要です。

 

ですが、宣伝をしすぎると相手に嫌がられますので

宣伝の連投はしないようにしましょう。

 

 

セミナー講師にも、様々な色があります。

なので、どうやって商品に魅力をつけるのかは、あなた次第です。

 

ですが、個性だけを主張しても一部の人にしか見てもらえない、なんて事のないように

個性とクオリティのバランスを考え、商品を作っていきましょう。

 

関連記事

【起業塾】まさかの録画に失敗。音声が入ってなくてめちゃショックです…。

音学のカメラマン、竹達さんにスマホで撮影する為のノウハウを聞いてみた!ヽ(ゝω・*)ノ

音学ふくだ

音学ふくだ

音学の中の人のひとりです。 アメブロもやってます http://ameblo.jp/otogaku-com/

お問い合わせ

私たちの目指すところは、講師の方が「伝える」ことだけに集中できるようにすることです。
それ以外のサイト制作、動画撮影、商品制作、事務サポートなど講師業務をあらゆる面でサポートを行っています。
セミナー動画の撮影、編集、販売はもちろん。ホームページ作成。ロゴデザイン。事務代行など講師のサポートを行っています。
お気軽にお問い合わせください。